asivina講師紹介

Profile​

2021-5-14_210602_42_edited_edited.jpg

主宰

中村 香織(なかむら かおり)

​一言で表すと『のんびりマイペース』

小さな巨人を目指している、身長150㎝未満のちびっ子OT。

経歴

1986年生まれ、沖縄県沖縄市出身。

韓国の大学で心理学を学んだ後、精神科病院で働きながら、夜間のリハビリ専門学校へ通う。作業療法士の国家資格を取得し、2015年より急性期の総合病院にて、作業療法士として6年間勤務。2021年より児童発達支援事業所にて発達障害児の療育に携わりながら、asivina PLAY&ART STUDIOを開講。

プライベートにおいては息子二人の母。

資格

作業療法士(OT) 国家資格

オーロラ・アートセラピスト/親子判定士

小松式 ビジョントレーナー

韓国語能力試験 TOPIK6級

​趣味・好きなこと

*物作り(最近は、籐かご、マクラメ、ダーニングなど)

*カメラ(フィルムで撮る写真が大好き)

*三線(中学からマイペースに弾いてます)

*バスケ(小・中学はバスケに熱中)

*ダンス(大学はロックダンスに熱中)

*飲むことが好き(珈琲とかお酒とか色々)

 美味しい飲み物を飲みながら、お喋りしたり、

 一人でぼーっとのんびりする時間は最高に至福…

asivinaの想い​

今よりも、

もっと自分が好きになる

2021-5-14_210602_92_edited.jpg
2021-5-14_210602_76_edited_edited.jpg

私は子どもの頃、自分が好きではありませんでした。私の母は、子どもの私に対し、良いところよりも悪いところをよく指摘しました。私にとって母の言葉は、存在自体を否定されているように聞こえ、『お母さんは、私のことが好きじゃない…』そう思っていました。

もちろん、母にとっては、親としての、躾のための言葉であったと思います。私も母親になった今なら、当時の母の気持ちが分かります。自分への苛立ちが、子どもへの苛立ちに、気付かぬうちにすり替わっていることがあるのです。自分で自分が嫌になる時、気付けば子どもに対しても厳しくしてしまっているのです。今思えば、母も自分が好きではなかったのかもしれません。

障害の有無に関わらず、『自分が好き』と言える子は、幸せだと思います。もしかしたら、不器用な子ほど、自分が好きになれなかったり、親や周りの人達に対し、申し訳ない思いを抱きながら、日々を過ごしているかもしれません。

不器用だって良いんです!

できないことがあったって良いんです!

幸せな人生を送るために何よりも大切なことは、自分で自分を愛することだと思っています。

asivinaは、器用になるための教室ではありません。運動や勉強ができるようになるための教室でもありません。お子さんだけでなく、親御さんも一緒に、

『今よりも、もっと自分が好きになる』

そのお手伝いをすること。それがasivinaを運営する目的です。まずは色んな経験を通して自分を知ることから。そうした経験の中で、「ぼくって、こんなことができるんだ!」「わたしには、こんな良いところがあるんだ!」といった発見をしてもらえたら、それが、asivinaの存在価値となるのです。そして、私自身を含め、asivinaに関わる全ての人々が、心の底から「自分が好き」と言えるようになること。それが、asivinaの目標です。

体験申込み・お問合

まずはasivina体験レッスンにご参加ください。

その他ご不明点などはお気軽にお問い合わせください。

close-up-hand-holding-brush-2.jpg
kelli-tungay-Sj0nhVIb4eY-unsplash.jpg